たけまさ歯科

埼玉でインプラント・噛み合わせ治療なら越谷にある当歯科医院へ

web予約

南越谷・新越谷の歯科医院 たけまさ歯科 > BLOG > セラミック、審美歯科について

セラミック、審美歯科について

先日 「ザ!世界仰天ニュース」という番組で歯科用金属が原因で遅延型の金属アレルギーにより脱毛が生じてしまうというニュースが取り上げられていました。

日本人のお口の中に使用されている保険の銀歯は
12%金銀パラジウムという金属です。実は世界の中で日本でしか使用されていません。
この金属に含まれる成分は
金12%
パラジウム20%
銀50%
銅16%
その他
2%(亜鉛、インジウム、イリジウム等)

銀は腐食しやすい金属なので銀の
耐蝕性を補うために金を、銀のもろさを補うために
パラジウムを使用しています。

しかしパラジウムという金属はリンパ球幼若化テストという金属アレルギー検査では約半数の人に陽性反応が出ます。
ドイツやスウェーデンでは保健省が歯科業界に対して「幼児及び妊婦に銅を含有するパラジウム合金と
水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行いました。

ドイツなどの医療先進国ではパラジウムが体に与える悪影響を考慮してパラジウムフリー
(パラジウムを含まない、パラジウム0%)の
金属を使うことを強く推奨しています。外国製の
日本向けの歯科金属のパンフレットでも
「この金属はパラジウムを含みません」ということをわざわざ謳っているほどパラジウムは身体に良くないと広く認識されています。

また 一見問題なさそうでも金属は不透明で中が見えないため外してみると虫歯が進んでいることがよくあります。

image

 

このような歯をたけまさ歯科ではプラスチックやセラミックスなどの白い材料で治療を行っています。

金属を外して、白い歯にしたい方はお気軽にお問い合わせください。

セラミック、審美歯科治療ならたけまさ歯科

Copyright © 2015 TAKEMASA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.

Top